Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とあるカキ氷屋へ。
季節の果実をシロップにしているのだが、
これがたまらなく美味い。
氷も各地の天然氷を使用している。
素材ではなく姿勢で味を完成させた絶品。


スイカ空
スポンサーサイト

アテスウェイ

リクエストのあったこちらへ。
その後の無茶を鑑みるに自殺行為なのだが。
人は悲しいもので、
容赦なく1人2個のペースで食べてしまう。
フルーツとチョコが矢張り素晴らしい。

頼むのは
転ばぬ先の
セルベール

IMG_0021.jpg

サダハル・アオキ・パリ

デザートは有楽町で。
軽いアタック
滑らかなくちどけ
重厚にのびてゆくカカオの苦味
刺激ではなく印象を残して消えてゆく。
味わいうというよりも感じる。
そんなチョコレートがある。

IMGP0015.jpg

ピエール・ガニェール

東新宿のビルの谷間。
コムサ・デ・モードの壁画は浮世絵風。
現在とのギャップを感じつつも、
こっちが自分の世界なのだと言い聞かせ。
そう、
あの絵の中はノスタルジックよりも遠いのだ。

IMGP0002_20090215031116.jpg


そこから高島屋の4Fにある、カフェへ。
こちらを手がけているのは、
フランスで三ツ星シェフである、P・ガニェール氏。
スイーツのコースという面白い手法もやっている。
軽めのもの、酸味のあるもの、濃いもの。
洋の東西、味の甘辛の差はあれども、
流れという一点においては成程、思考は似る。

IMGP0006_20090215031132.jpg

potager

中目黒のケーキ屋。
他と違うのは野菜がテーマだという点。
なるほど。
味噌やらネギやら大根やらと、
似つかわしくないワードがずらり。
選んだのはトマトのショートと春菊のオペラ。
野菜らしさを出す味わいではないのが残念。
しかしスイーツとしては合格。
興味はつきないので再訪はアリ。

IMGP0007_20090116013125.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。