Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖林館

中目黒のSAVOYは現在、
「聖林館」という店になって営業している。
手作りのような内装の建物で、
各階を繋ぐのはちょっと頼りない螺旋階段。
3Fのテラス的な位置の席に陣取り、一息。

IMGP0002_20081130075946.jpg

外光が実に気持ちよく入ってくる。
小窓の一つ一つが開閉できるのも面白い。
注文はマルゲリータとマリナーラ、
プロシュートとモッツレラ、それとジンジャーエール。
そう、ここはピザで有名な店なのだ。
周囲のフワリとした生地と中心部の薄さの妙。
アツアツの具材がシンプルながら食欲を加速させる。

IMGP0008_20081130080431.jpg

手元の取り皿は綺麗なものだ。
汁の一滴すらもったいないので、
思わず身を乗り出して食べてしまうからだ。
カラ舞台の皿が経過を雄弁に語っている。

IMGP0007.jpg

スポンサーサイト

江北~西新井

珍しく「自転車の」車輪の上。
足立区の「スタミナ苑」に向かう途上。
江北橋の近辺で。
荒川河川敷のサイクリングコース。
遠くに霞む町並みと外環道。

IMGP0006.jpg

外環道の高架を真下あたりから。
空の青さが予想以上にキレイ。

IMGP0008.jpg

舎人ライナーの西新井大師西駅。
今日のテーマは高架?
夕陽に染まりつつある様子を。

IMGP0009.jpg

神奈川周遊

戸塚で集合して神奈川食べ歩き。
その詳細はラーメンBlogでどうぞ。
一軒目の「支那そばや」本店。
かの有名な佐野実氏の店舗である。
ハイコントラストな画だが、氏に対するイメージに近い。
もっとも面識はないので勝手な思い込みだが。

IMG_0006.jpg

戸塚駅周辺は建築現場だらけだ。
青い空と屹立するクレーン群。

IMG_0017.jpg

駅ビルもちょうど建設中の模様。
近くには大企業のオフィスや工場も多く、
それなりのモノを作れば見返りは期待できそう。
特に仕事終わりに利用できる商業施設、
もちろん飲み屋なんかもあっていいだろう。
出張のホテルは観光もできる横浜がベストかな。

IMG_0019.jpg

青い空に見送られ、飛び乗ったのは赤い電車。
京急線の鈍行で横須賀中央までノンビリ。
「若松」というラーメン屋が目当て。
その前に目に付いたパン屋の外観。
自動販売機の上にある「元祖フランスパン」の文字。
港町ならではの舶来品の歴史か。

IMG_0025.jpg

そしてフラフラと迷いながら店へ。
大して酒は入っていないハズだが・・・。
横須賀が誇るべきラーメンの名店。
地方からも訪れる価値のある一杯。

IMG_0027.jpg

荻窪、環八あたり

まずは荻窪の四面道。
ちょうど井荻方面を向いての撮影。
空にかかる雲が絨毯か巨大な庇のよう。

荻窪1

そこから西荻窪へ移動。
ビルの隙間からの西日が
スポットライトの如く銀杏並木を照らす。
柔らかな初冬の光線はまさに自然の為す演出。

荻窪2

二枚目の写真の消失点。
丁度自転車の女性が写り込んでくれた。
カラ舞台の寂しさを埋めてくれて、感謝。

荻窪3

雑司が谷周遊

目的は雑司が谷の「ターキー」
積み重なった歴史が息づく店舗。

IMG_0041.jpg

そちらの事はあちらを参照して頂くとして、
その後雑司が谷の霊園を散歩。
これは腹を鎮める一種の祭礼とも言える行為。
退院したものの使えないレンズを恨めしく思い、
18-55mmのレンズを構え、被写体に近づく。

IMG_0052.jpg

出来れば望遠で撮影したかった。
猫にとっては霊園も都合の良いエサ場なんだな。
やっと街中にも紅葉の切片がボチボチと。

IMG_0050.jpg

レトロ病の気付け薬のように現れた建造物。
というか明らかに民家なのだが・・・。
ウルトラシリーズによく出ていた家のよう。
でもそんな家にも井戸があったりして。
街の空気というのは矢張り隠し切れないものだ。

IMG_0034.jpg

蕎麦政

南花畑、足立陸運局の向かい。
窓から差し込む陽光は冬らしい角度で、
かつ切り込んでくるような色合い。
冬の厳しさを宿すかのような空気を演出している。
天そばの食券を購入。
注文を受けてからかきあげを作る。
厨房の奥には製麺機の姿も見え、
この店のスタイルを垣間見せてくれるかのよう。
一度冷水で〆てから再加熱して蕎麦を仕上げる。
付け合せの隠元の何とも味わい深いこと。
しなやかな蕎麦と何者も出過ぎないツユが素晴らしい。
大久保の「めとき」にも通じる侘の世界。

蕎麦政@南花畑 天そば

そばよし

日本橋を東側に渡り、車線沿い。
乾物屋の直営とのこと。
心に触れたのはきしめん使用のうどん。
重厚なカツオの香りが丼から立ち昇る。
さらに卓上には魚粉も置く徹底ぶり。
軽く七味を振って温まるように調整。
柔軟さの中に見え隠れするコシ。
それが優しさに感じられる一杯。

そばよし@日本橋 かけうどん

南千住・菊や

ラーメンを求めて南千住へ。
変り種ラーメンで知られる「菊や」を訪問。

IMG_0007_convert_20081114134154.jpg

しかし最近、木曜も定休になったようで、
見事にフラれてしまった。
しかしオヤジさんが中で仕込みをしており、
我々に気づいて中へと招き入れてくれた。

IMG_0009_convert_20081114134322.jpg

錚々たる壁のメニュー群
アルカリラーメン用と思しき乾電池もあった。
奇を衒うのではなく、奇を味にした店。

IMG_0010_convert_20081114134426.jpg

しかしその下拵えの丁寧さは、
奇ではなく正しく実そのもの。
近日中の際訪問を約束し、千住を後に。
食べられなかったが、店にまつわる風景を堪能できた。

SIGMA退院

したものの・・・
どうやらデジタル対応は不可能な模様。
どこかでズームを探すとしようか。
APS-C非対応のデジタル用がいいな。

SIGMA入院

シグマの28-200のズームレンズがついに入院。
F3.5ではあるものの、便利な一本なので。
ロムの書換えだけで済めばいいなと期待。
果たしてどれくらいで帰ってくるやら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。